丸川製菓 フィリックスガムの真相

駄菓子界の大御所「フィリックスガム」の、あのキャラクターにまつわる謎を追う。

丸川製菓からとんでもないサンプルが送られてきまして、個人的に震撼が走りました。

マルカワ「フィリックスガム ラムネ味」

見てくださいこのデザイン。
完全に本家の黒猫フィリックス・ザ・キャットそのものです。
無声映画の頃はウォルトディズニーのミッキーマウスにタメはる人気であった、あのフィリックスさんそのものですよ。
いまにも動き出しそうなほどそのものじゃあないですか。

そのものって三回言いましたが、なんでそれがそんなに驚きなのか、この商品の歴史を紐解いていきます。

20140519-185658-68218336.jpg fxgums

フィリックスガムの歴史を紐解く。まず。

こちらは初代フィリックスガム。
昭和37年、「フィリックス・ガム」として(このデザインで)誕生。
本家のあの、動き出しそうな愛らしい、あの黒猫フィリックスには程遠いです。
むしろドラねこドラちゃんと名のつきそうなこのキャラクター、あくまで「熊」をモチーフにして作られたそうです。
キャラクターの名前は「フィリックス」。
世間はあのフィリックス・ザ・キャットと勘違いしていたが、あれを意識して作られたモノではないとのこと。

うそつけー!

その後、世間様がフィリックス認識ならば、じゃあ今後ソッチで行きましょうということで、正式に版権を取得。

20140519-185714-68234409.jpg

でも絵がそのままドラネコドラちゃんのままなので、フィリックスのイメージを損ねる、と版元に言われ(!)、紆余曲折を経て現在のデザインがコレ。
ほぼ本家のフィリックスですが、どことなく昔のドラネコを彷彿とさせる趣です。
ドラネコフィリックスガムのデザインの方はせっかくなのでもったいないので残しといて、「エフエックスガム」に改名。

20140519-192508-69908074.jpg

それが5月からコレですよ!

完全にフィリックス・ザ・キャットじゃないですか!
いやー、やってくれましたね、約半世紀の時を経てようやくこれが完全体といったところでしょうか。
寂しくもあり、寂しくもあり。
でもめっちゃ可愛いです!

ですが、現行品もデザインそのままに続行していくということで、ひと安心。

ドラネコデザインの方は、セブンパックというセット品の方でまだ生存中ということで、こちらも現役です。

マルカワも色々商品ラインナップありますが、数あるマルカワ商品の中で、いまだに「フィリックスガム」がぶっちぎりのトップセールスらしいです。
うーむ、それはそれで興味深い。

→フィリックスガム 販売ページ
http://amanoya.shop-pro.jp/?pid=85428003

ABOUTこの記事をかいた人

あまのや繁田商店の4代目。 駄菓子ビジネス拡大に燃える2児の父。 デザイン・ライター・カメラマン・マーケティング、量販店バイヤーを経験したのち、実家の家業を継ぐ。 旅とバイクとコーヒーが好き。 お仕事ください!